スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落書き9月10日 

2013, 09. 10 (Tue) 13:42

原稿あがったーー!
そんな興奮をさますために落書きしてみました

元々の少年誌だった頃の絵柄やタッチを忘れてはいけないぞ、、、という事で
おねえちゃんを描いてみました♪

09093.jpg

〜〜コミスタについて語ってみたり〜〜

この落書きはフルデジタルですが、普段の原稿の作画は途中までアナログでやってます☆

最近の原稿の作画作業は
◆アナログでの下絵、ペン入れまで

◆PCに取り込んでコミスタで、ベタ、背景ちょこっと書き足し、トーン

以前は下絵と枠線もデジタルでやっていたのですが、やはりデジタルだと下絵の時間が膨大にかかったり、絵が崩れやすい気がするので、普通に戻しました

枠線もコミスタでやるとコマフォルダが使えるという利点もありますが、線画を取り込んだ際に全てのコマに線画を入れる作業が自分には負担だったのです

もしかしたら線画までアナログでやる場合は
・女性誌の画面ではちょっと複雑なコマ割りをするので
枠線はアナログの方が楽
・少年誌などでグラデを多用したりコマ割りがわりと単純な場合
枠線はデジタルの方が楽

ってな具合かもしれません、自分の場合は。

スポンサーサイト

コミスタでのカラー下塗り追記 

2012, 01. 12 (Thu) 19:04

たたたた、大変じゃああーー
以前書いた記事にちょっと間違いというか、不足がありました
こちらの記事を参考にされた方がもしいたら、本当にごめんなさい

以前の記事では
フルデジタルのカラー原稿を描く際
コミスタで線画を描いて、下塗りまでする方法をご紹介しましたが
その際にコミスタのツールオプションの【領域を拡張にチェックを入れて】
さらにその右側【最も濃いピクセルまで拡張もポチッと押す】

これでデータをレイヤー別のフォトショデータに出力して
フォトショップやsaiに持って行ってもスキマは出来ない(はず)です!
線画データもグレスケでできます!!


、、、、私もつい先日、公式の講座をよーく見るまで気がつきませんでした
本当にすいません
いやーコミスタって奥深いですね、ホント(・Θ・;)

komi.jpg

絵です 

2011, 11. 16 (Wed) 19:56

コミスタでのペン入れも、1、2年前と比べるとずいぶん変わってきました(当社比)
自分でもアナログとの差がわかりません 
コミスタのペン先にて、ガタガタした手書き風のものを作ってくれた方のおかげですね、感謝

これでもう少し慣れて時間もかからなくなれば、もう全部の作業はデジタルでいけると思う!!

液晶タブレットはcintiq 21UXってやつを使ってます
ペン先は、エストラマー芯 5本で1000円
これで綿手袋をして描きます
自分はその方が滑りがいいので
ペン先は高そうに聞こえますが、アナログのGや丸ペンのが、耐久性やら買いに行く手間を考えると高いと思います

まあ何がいいたいかというと、「デジタルはいいなあ」ってこってす

もっと練習しないとなあーがんばろっ!



追伸
コメント下さっていた
華鹿さん、反映遅くなってしまって申し訳ございません!!
どうもありがとうございます


yama.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。