スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実際にあった怖い話9月号ゲット!! 

2012, 07. 31 (Tue) 23:15

アマゾンさんからようやくとどきましたのがこちら、、、



実際にあった怖い話 9月号

ひゃあああこわぃいいいいいーーーー!
表紙がなんというか、もう怖いですね
美しいというか、人間より生きているみたいなというか


そしてどうしてこうなったのか、本当に今でも謎なのですが(笑)
横濱マリア先生の「実怖編集ウラ噺」を高田千種がジャック!?


ということはなくて
エッセイ漫画なのです
横濱先生と私との会話形式で話が進んでいきます

このもにゅっとした生き物が横濱先生です
最初見たときは、富士山かと思いましたよ
先生曰く、スライムです

なんんて勇ましいスライム、、、
でも私は心の中では富士山と呼ぶことにします!


先生はうちのらん丸をモデルに、うさぎをたくさん描いてくださいました
かわええ


漫画家としてデビューしてウン年ですが、こんな不思議な形で
人さまの作品に携わらせていただけるなんて、初めてだしとても楽しかったです

横浜先生の人徳 のなせるわざですかねー!?
どうもありがとうございました!!


というわけで、本誌をご覧になった方はご存知だと思いますが
9月24日発売の
実際にあった怖い話 11月号にて
読みきりがのります!!
ちょっと先ですが、どうぞよろしくお願いします


久々の商業誌なので緊張です
(てか個人的には、下絵からペン入れ仕上げまでフルデジタルなので、そういう意味でも緊張です
特に課題はペン入れの太さか、、、背景も、、、うーーーむ)
スポンサーサイト

三角屋敷と実際にあった怖い話 

2012, 07. 17 (Tue) 20:55

突然ですが夏と言えば怪談ですよね

数年前に資料でいただいた本の中に
作家の霜島ケイさんの恐怖体験が載っていました

巷では「三角屋敷」として有名な話です
なんでも悪意ある人が、建物の地下にとても嫌なものを埋めたとか…
それが何なのか、気になってました


そしてついほんの数日前、この話には別の作家さんが書いたバージョンあることを知り、早速文庫本を購入いたしました!
「怪談徒然草」(角川ホラー文庫) 加門七海さんの著書の中の
三角屋敷を巡る話 完全封印版
これ、読みたかったのはこれです!
霜島さんとは違う視点で、地下に埋められていたものについてもふれられていて
数年間の時を経て、すっきりしました

最近のホラー系ドラマなんか観ていても
やっぱり怖いのは生きてる人間なんだなーって
テーマの作品も多いですよね

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


さて、そんなこんなで、怖い話といえば

実際にあった怖い話
(7月24日発売)

というホラー雑誌で連載中の横濱マリア先生の「実怖編集ウラ噺」にて
私がなんと登場させていただきます

横濱先生の面白可愛い作風で、高田が体験した怖い話を描いてくださってますので
興味ある方は、是非読んでみてくださいね
(私も数コマ描かせていただいております)


以前の記事で、登戸で横濱先生にお会いしたというのがありましたが
それは実はこのためだったんですよね


いやー日本では怪談は夏ってイメージがありますが
それもお盆とかそういう風習から来てるんでしょうかね
故人を偲んでスイカを食べて、ホラーを読んで
暑い夏を乗り切ろうと思います

CLIP STUDIO PAINT PROを試してみました 

2012, 07. 11 (Wed) 22:42

セルシスの新製品『CLIP STUDIO PAINT PRO』(クリップスタジオペイント 以下クリペ)が先日公開されましたね
私はコミスタを購入しているので、こちらの製品を無料でDLさせていただけました

以前影郎を描いたのは、クリペのパイロット版であるクリップラボだったんですね


クリペのMac版を軽く1回使用させてもらっての、私の感想です
あくまで個人的なものですので、あしからず

◆サイズB4解像度350でサクサク動く
でも水彩筆のサイズが大きくなったりパターンブラシの場合は処理が遅くなる
◆画面をクルクル回せる機能がいい感じ
◆コミスタとは選択範囲ランチャーの表示が違うので、多少戸惑う
◆水彩っぽい塗りに関しては、やはりSAIのが上みたい
クリペはフォトショとSAIの間くらい?
◆水彩筆に乗算モードがないのが残念
◆フォトショップ用のブラシは使用できないのかな?素材登録の仕方がよくわからなかった


こんなことを感じました
基本的にコミスタとは全然違いますね、当たり前ですが
レイヤーも基本的にカラーモードでモノクロ2諧調ってないみたいですね
コミスタと素材が併用できるのかとかも、まだわからなかったです
ただの勉強不足ですね

ただ、今までMacでは色塗りに使えるソフトが限定されていたため
このソフトが出来たことは、とても嬉しいです


という訳で塗りをクリペでやって、仕上げにフォトショエレメンツを使って描いたのがこちらです
(線画~下塗りまではコミスタ
名称未設定-1

サプライズにも程がある! 

2012, 07. 10 (Tue) 12:31

先日友人からずしりと重い誕生日プレゼントをいただきました
私の誕生日は今月19日なので、ちょっぴり早いサプライズです

包みは2つ
おそるおそるヨドバシカメラの包装紙に包まれたそれを開けてみると、、、



パオーン

ガオー



おやおや?何か鳴き声が聞こえてきますよ?








なんと!!象と白熊の
リアルなフィギュアです
私が象や熊好きだとか、そんな事はないし
一言も言った憶えはないんですが、、、(汗


ぜ、全然意味わかんねえ!

友達曰く
なんかちぐっぽい
ということで選んでくれたようです

私っぽい?ますます意味がわかんねえ!


しかし私はそんな彼女が大好きです
ありがとう(((o(*゚▽゚*)o)))


象さん、目が優しい


白熊さん、北海道土産の木彫りの熊を思いだします


二匹は我が家のフィギュアコーナーにいてもらうことにしました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。