スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【回想】うさぎの精巣腫瘍闘病記 2013年 

2016, 02. 13 (Sat) 21:41

うさぎさんを飼うと、体調の変化や病気に一喜一憂することが多いです。
犬猫鳥魚、、、どの子もそうですが、大切な家族なので心配はつきません。

うちのらん丸(ミニウサギ♂)は基本はとても元気ですが、過去に皮下膿瘍やらうっ滞で何度も動物病気へ通いました。(皮下膿瘍は今は再発無し)

中でも一番大変だったのが、悪性精巣腫瘍。6歳になったばかりの2013年4月の事でした。
今まで思い出すのが辛くてブログに書けませんでした。
ようやく踏ん切りがついたので、同病の子やらそうでなくてもうさぎ飼い主さんの何かお役に立てればと思い、簡単にですが経緯をまとめます。
当時ネット上にこの病気の情報が少なくて、自分はとても不安だったので。


2013年
・4月初旬 うさぎを仰向けにして健康チェック、あれ精巣(つまりキ○タマ)の片方が腫れてる

・翌日病院へ、獣医さん「触っても痛がらない、腫瘍の可能性が高い」数日後手術

・うさぎの精巣には太い血管が通っていて、それさえ傷つけなければ難しい手術ではないとの事

無事に手術成功、翌日退院

・首にエリザベスカラーをつけての食事が大変、特に盲腸糞はカラーが邪魔で食べられずにふんずけて大惨事(^◇^;)うまく発見できたら、割り箸で食べさせる

・1週間ほどで病理の結果が出る、「セルトリ細胞腫」とのこと
血管浸潤は無しだったが、血漿へのなんたらがみられる
悪性度が高い腫瘍でうさぎの精巣腫瘍では珍しいこと、数ヶ月後か数年後かにいつか必ず再発する事などを獣医さんより告げられる

・エリザベスカラーにらん丸も飼い主も限界、耳の毛が禿げるが、手術より2週間後にやっと抜糸、脱カラー

・うさぎには抗ガン剤は使えないので、半年~1年ほど獣医さんの勧めでセンダンというサプリを飲む


だいたいこんな経過です。
セルトリ細胞腫?聞いたことない!しかも悪性度が高いってなんだよ!
ググっても犬の記事がほんのすこしだけしか出てきません。謎の悪性腫瘍です。
その時はちょうど自分の仕事の締め切りが重なって、精神的にも肉体的にもきつかったです。


いろいろ考えるときりがない。
もっと生きて欲しいけど、今まで6年生きて頑張ってる。
「その先はうさぎの神様からもらったロスタイムだと思おう」って自分に言い聞かせてました。

、、、、、、
それから1年経ち2年経ち、その間はうっ滞を何度か起こし、そっちのほうが心配だったり、、、。

そして今年の4月が来れば丸っと3年経過
現在8歳11ヶ月、今のところ再発なし!!!


人間でも3年再発無しってすごい事ですよね。悪性度が高ければ尚の事。




ちなみに最近、有名なサイト「あなたがうさぎにできること」のご長寿うさぎレポートを読んでたら、精巣のセルトリー細胞腫で手術したご長寿さんの記事が載っていました。でもそこには良性腫瘍と書いてありまして(汗

あれ?このセルトリー細胞腫って、うちのセルトリと同じじゃないの?
あれ、良性?病理結果悪性って出てたけど、微妙に顔つきが違う腫瘍なのかな?
、、、まあとにかく転移が無くて良かった。


以上、うさぎの精巣腫瘍闘病記でした。
こういう経過を辿る場合もあると知ってもらえると幸いです。
うさぎさん、飼い主さん、みんな元気であれーーー!!!









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。