スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミスタでカラーの下塗りまでやる方法【その2】~~SAI素晴らしい 

2011, 09. 22 (Thu) 14:23

☆コミスタでカラー用データの下塗りまでやる場合の追記です☆



ええと、楽に塗りつぶし作業をやるために、私は線画データは黒白2ビットにしてしまいます

もしかしたら、グレースケールで取り込む(又はグレースケールで線画を描く)場合
グレスケのままで、表示方法のみを閾値(黒白2ビット)にしてから下塗りをした後に
線画をグレーに戻せば、ふわっとした線画になるかもしれません

しかし、私は黒白2ビットレイヤーで線画を描いちゃっています
それだと色塗りする時に、線がパキパキしちゃいそうですが
元々線画を解像度600で作っているので、カラーを塗る時に解像度350にすれば
全く気になりません





そして更に今回、有名なソフトSAIを初めて使ってみました
もちろん、線画から下塗りまでは、コミスタです
データは解像度350でPSD形式で出力してあります

服の間など少々塗り残しがありましたが、特に問題ありませんでした

、、、てか、SAIってすげえええええーーーー
こういう水彩風のほわっとした塗りが、やりたかったんだよー
そのために、ペインター11も買ったのに
動作が遅いのと、操作がとても難しかったのでできませんでした
ペインター6ならちょこっとできたのによーー




まあもしかしたら、最初からSAIでやれば、
線画の描画から下塗りも楽々にできるのかもしれませんが
コミスタ線のが、アナログのペン入れに近いかもわかりません

こちらにて配布されているアナログ風ペンが、とてもいい感じだと思います
セルシス公式素材サイト



まあそんな感じで、書き上げたのがこちら
ときメモGS3のファンアートです☆
ときめも統合後小
てか、ときメモ、発売から一年経ってるのに、まだ一人しか攻略してねえー

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。