スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らん丸皮下膿瘍闘病記2 & 猫との思い出前編  

2012, 08. 30 (Thu) 18:34

らん丸の左あごの皮下膿瘍が再発してしまったので、
また動物病院に連れていきました
今日は待ち時間が、短くて助かったー

今日の待合室は人懐っこいわんちゃんがいたり
同じくウサギさんをつれている方や、入院中の猫ちゃんの様子を見に来た方がいました

そのウサギさんは不正咬合という歯の病気で
月1回で全身麻酔をして奥歯を削ってもらっているそうです
ウサギさんも飼い主さんも大変です

うちのらん丸は今回は投薬のみで様子見になりました
膿瘍が大きくなったら、また膿を出すか手術するかって感じで
手術すれば再発はなくなるようです
まだまだ治療法があるようで、今回はちょこっと安心しました


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そして前回お話するといっていた、歴代の猫との思い出について語ろうと思います

◆白猫のルル
ルルはオスの白猫で、目がアイスブルーで綺麗でした
私が3、4歳の頃にうちで飼っていました

ご存知の方がいるかもしれませんが、遺伝的に白×青い目の猫は
聴覚障害の確率が80%程度だそうで
ルルもとにかく体が弱かったことが印象的です
真夜中に脱腸になってしまい、隣の区の動物病院に連れていったときのことは
私もよく覚えています
オスなのに体もちっちゃかったね




◆黒猫のチョンチョン

隣の祖母の家で飼っていたオスの黒猫 
シャムネコと日本猫の雑種だと聞いてたけど、シャム猫みたいなシャープさはなく
ただもう大きくて優しい猫でした
私も子供だったので、いろいろと悪さをしたのですが
それでも本気で噛んだり引っかかれたりしなかったので、寛大でした
本当にごめんよー

でも外にも自由に出していたので、他の猫と喧嘩して脚を怪我したり
祖母が旅行に行ってしまったら、ストレスで声が出なくなったりして
基本的に健康だったけど、やはり動物病院にはお世話になってました

チョンチョンは私が小学生の頃に14歳で亡くなりました、本当に立派な大往生でした


続く

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。