スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドス恋☆両国2015 

2015, 09. 24 (Thu) 21:01




今年も国技館へ大相撲9月場所を観戦しに行って参りました。
今回は父と一緒(*^^*)

一昨年より去年より、今年が一番熱くて混んでいた!
のですが、残念な事が、、、。
予約の椅子席は空席が結構あったので、チケットの転売屋が買い占めてるのかなー?と思いました。
ツイッターでもチケット売るよー情報がバンバン出てたし
当日の自由席は満席、本当に観たい人がみれないなんて、転売屋サイアクだ(ーー;)




午後2時ごろに両国駅に着くと、国技館の入り口付近には人だまりができてます。
それは関取の入り待ちをしてる人たちなので、関取がいなければ気にせず横切り中へ。

国技館は何度か来てるので、ほぼ迷わずに座席も見つかりました。
初めて来た時は、まさに西も東もわからなくて迷った事も懐かしいな。


2時以降は幕下の上位から十両土俵入り、十両取り組み、幕内土俵入り、
横綱土俵入り、幕内取り組みとあっという間に進んでいきます。
6時まであっという間!!!

十両ではやはり三役経験者の松鳳山関が青紫のまわしを締めて大活躍!

時間いっぱい前にはじまったっぽい旭秀鵬関と阿夢露関の取り組みが熱い!
(訂正 時間いっぱいで立ってましたね)

全勝の照ノ富士関についに土をつけた、栃煌山の完璧な差し身!

そして結びの一番、鶴竜関が琴奨菊関のまわしを取った手の動きが速かった!

ビールをガブガブ飲む父三郎、トイレに行く回数も多かった!
「また正月にもうちょっといい席のチケットとってよ」などとご満悦でした


しかしお金への執着心がぱない父
「横綱の年収はいくらなの?」×5
「懸賞金が何本だから、あれで〇〇万円だな」
「お相撲さんはみんな金のために相撲とってるんだよ」

等々、穏やかな顔してゲスなことばかり言うので
私は「だったら最近引退した若の里は、なんで9回も手術をしながら再起し続けて、場所後の巡業まで出場したんだよ?金のためだけじゃないよ!相撲人生のためだよ!」と反論。

「日本人力士が横綱で活躍してないのは、金に対するハングリーさがないせいだ」by父

(穏やかなゲスのイメージ)


ぐう、それもそうかも、、、だけどお金のためが全てじゃない。絶対に。
自分は綺麗事言ってるのか?金か夢かわからない暮らしなのか、、、?
相撲は心技体なんだ、もっと深いんじゃないの?相撲道とは、、、?
と相撲ファンとしてはグルグルと考えてしまいました(*_*)





ちなみにLINE公式サイトの限定のうちわも、しっかりゲットしてきました!
平日なので遅めの時間に行ってもまだ残っていたから、よかったー!

さらに売店では振分親方からお土産を売ってもらい、
相撲ファンとしての真のお土産はプライスレスだったという






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。